いくろぐ

2歳と0歳を子育て中の主婦による育児ブログ *おでかけ、育児などの記事を日々更新中!*

トイトレが進まない…きっかけ作りと失敗した時の対処法

calendar

トイトレ,失敗,トイレトレーニング,2歳,3歳,2歳半,オムツ,おまる,トイレ

我が家では長男が絶賛トイレトレーニング(トイトレ)中です。
トイトレはちょうど長男が2歳半の時に始めたのですが、早3か月…
オムツ外しまではまだまだかかりそうです。

よくオムツ外しは2歳になった年の夏にするといい!って聞きますよね。
幼稚園の入園前に取れると嬉しいなーと思いますし、子どもも余裕をもって園での生活を始められます。

でも簡単にはいかないのがトイトレです。
進み方にはもちろん個人差があります。
3日で取れたって人もいれば、1年かかったという人もいます。

まあ何よりトイトレは練習です。だから失敗するのは当たり前!
親子でコミュニケーションを取りながら、焦らずにゆっくり進んでいきましょう。

今回はそんなトイトレについての進め方やつまづいた時の対処方法を書いていきたいと思います。

スポンサーリンク

トイトレを始める時期の目安

 

  1. おしっこが言える
  2. トイレまで歩ける
  3. おしっこの感覚が2時間以上空いている

これが世間一般でよく言われる目安ですが、実はいつ始めても大丈夫です。
子どものやる気が大事なので、興味を持ち始めたらスタートしちゃいましょう。

2歳は褒められることに快感を覚える時期なので、トイレで出来たら大げさにほめてあげると喜ぶので成功への近道かもしれません。
ただイヤイヤ期も始まってくるので、あくまで親子それぞれのペースで!

イメージ作り

 

子どもはイメージで生きています。(脳の作りが右脳優先のため)
自分でイメージできないとなかなか行動にできないので、絵本や実際に見せてみてイメージを沸かせてあげてください。

  • 絵本を読み聞かせ
    トイレの話がテーマになっている絵本はたくさんあります。

    ちなみに我が家で読み聞かせしたおすすめの絵本はノンタンシリーズです。
    おまるで進める家庭に特におすすめです。

  • テレビを見せる
    Eテレのいないいないばあなど番組の中でトイレのシーンがあったりします。

  • 大人と一緒にトイレに行く
    実際に一緒に行ってするところをみせるのもおすすめです。

  • 自分のを見せる
    漏らした時にはこれはおしっこだと教えてあげる。

補助便座かおまるか

 

トイトレを始める際に悩むのがこの問題ですよね。
トイレに補助便座をつけるのか、おまるにするのか。

補助便座の方は、大きくなった時にそのまま移行できるので楽だったりします。
反面いちいちトイレまで連れて行って便座に座らせてあげなければならないので少し大変な面もあります。

おまるの場合は子どもが自分で行ってまたがることができるので、成功率はあがります。
のちのちトイレに移行した際に怖がる場合も…

おまるを使う場合は出来るだけ移動せず同じ場所に置いておきましょう。
どこでもトイレしていいと混乱してしまうので、トイレコーナーを作ってあげましょう。
また、ペット用のトイレシートを切っておまるに入れると片づけが楽になりますよ。

 

どちらにもメリット・デメリットがあるので各家庭に合ったやり方がいいと思います。

ちなみに我が家はアンパンマンの補助便座を使用しているので、アンパンマンに会いに行こう~と連れて行っています。

 

トイレに行くタイミング

 

基本的には何かをする節目節目で連れていくといいです。

  • 朝起きた後
  • ご飯の前後
  • お出かけの前後
  • お昼寝の前後
  • お風呂の前後
  • 寝る前

前後と書いていますが前でしっかりできたら、後は連れて行かなくても大丈夫な時が多いです。

最初は聞いてあげてもわからないので、連れて行って便座に座らせてあげましょう。
そのうちトイレになれると「出る~?」って聞いたら教えてくれるようになりますよ。

もっとレベルアップすると自分で教えてくれるようになります。

我が家は始めたころ「出る~?」って聞いても「出ない」っていうので連れて行かなかったらいつの間にかおもらししてた…なんてことがしょっちゅうありました。
もうなんでするとき言わないの!!なんて最初はイライラしていましたが、はじめから教えてくれるわけないんですよね。

まだ2歳でトイレというものを覚えたばっかりですもんね。
焦りすぎて子どもの気持ちが見えていなかった気がします。

上で書いたタイミングで強制的にトイレに連れていって、もし出来たら盛大に褒めるというのを繰り返していたらいつの間にか教えてくれるようになってきました。(毎回じゃないけど。笑)

個人的には連れて行ったときする確率が寝起きが一番高い気がします。
一回でもトイレやおまるでできると子どもも自信がつくので、親子一緒に頑張りましょう。

オムツとパンツのメリットデメリット

 

各家庭によって様々だとおもいますが、オムツですすめるのかパンツですすめるのかはたまた混合なのか結構バラバラです。
各々のメリットデメリットを並べてみました。

紙おむつ

 

メリット
・すぐに捨てられる
・大きい方の処理が楽

デメリット
・紙おむつ代が毎回かかる
・不快感を感じにくい為なかなかトイトレが進まない

布おむつ

 

メリット
・どんどんつかえる
・不快感が分かりやすい為教えてくれることが多い

デメリット
・洗濯が大変
・初期費用がかかる

トレーニングパンツ(トレパン)

 

メリット
・お兄さん、お姉さん気分になれる
・オムツより不快感は伝わるがもれづらい

デメリット
・洗濯が乾きづらい
・枚数が必要になる

布パンツ

 

メリット
・不快感が伝わりやすい為、トイレの感覚がわかる
・安い
・洗濯の渇きが早い

デメリット
・漏れるので掃除が大変
(特に大きい方をもらすと大惨事に…)

何もはかない

 

賭けの部分は大きいですが、早く取りたいというならオムツなしトイトレという方法もあります。
その名の通り何もはかないという大胆な方法ですが、おもらしの感覚が足にダイレクトなのが嫌なのか結構効果はありました。

が部屋は悲惨なことになるので、ある程度の覚悟は必要ですよ…。

 

トイトレが進まない時

 

トイレに行かない

 

  • 誘う回数を減らしてみる
  • お気に入りにのぬいぐるみやおもちゃを連れていってあげる
    (○○がトイレに行きたいって言ってる~)

  • トイレにおもちゃを置いておき、見に行く
  • 電車ごっこで行く
    (トイレ行です~と言って2人で行く)

  • ご褒美作戦
    出来たらカレンダーやノートにシールを貼る(シールは百均とかで手に入りますよ)
    好きなお菓子を1つあげる(あまりおすすめしません←実体験の結果)

失敗したとき

 

  • 怒らない!!叱らない!! これ大事
    ただ、大丈夫だよ。とかいいよ。と許すのもだめです。

    許されれるとおもらししてもいいんだと思ってしまうので、次はトイレでしようねと教える。

  • オムツ交換はできるだけトイレで替える
    おしっこはトイレでするものだという認識付け

  • もらしたら掃除させる
    次はトイレでしようねといいながら一緒に掃除する

 

トイトレ中のおもらしは怒ってはいけない、叱ってはいけない。
分かっていることなのですがなかなか難しいです。笑

現に私も失敗しすぎて我慢ならないときに怒ってしまったことはたくさんあります。

怒っちゃダメなんだ→おもらし→怒ってしまってママ自身が自己嫌悪に…
これが一番よくない気がします。

何も絶対怒っちゃダメなわけじゃないと思うんですよね。
ママに怒られたくない!と思って失敗しなくなる子もいると思うし。

ただ子どももわざとおもらししているわけじゃないので、なるべく冷静に頑張りましょう。

もし我慢できなそうなときは無で掃除するのもありです。
口を開くと怒ってしまいそうなので何も言わず黙って掃除をしたことも多々あります。笑

まとめ

 

トイトレで大事なのは子どもの興味ややる気ですが、実は一番大切なのはママの覚悟です。

オムツしているから漏れないし。
確かにそうなんですが、もらすという経験もとっても大切です。

子どもは体験しなければ学ばないからです。

焦る必要はないですが、親子一緒に少しずつ成長していきましょう。

 

この記事をシェアする

コメント

コメントはありません。

down コメントを残す




CAPTCHA


chama

chama

2歳の息子と0歳の娘っこ絶賛2人育児中!お出かけ*買い物大好き
関東在住のBUMP好きアラサーです。