いくろぐ

2歳と0歳を子育て中の主婦による育児ブログ *おでかけ、育児などの記事を日々更新中!*

【雨の日の室内遊び】子どもが食べても大丈夫!小麦粘土の作りかた 

calendar

reload

【雨の日の室内遊び】子どもが食べても大丈夫!小麦粘土の作りかた 

小麦粘土,粘土,小麦粉,室内遊び,梅雨,雨の日,雪の日,こども

雨の日って外に出たくないですよね~
子どもは水たまり好きですし、容赦なくばちゃばちゃします。笑
帰ったら汚れた服を洗濯…でも雨だから乾かない。

となるので我が家は雨が降ったらお出かけしません!

土日で夫がいればショッピングセンターとかに出かけますけどね。
平日に2人連れてわざわざ行くのは大変なので仕方ないです。

まあでも子どもは関係なしにお散歩に行きたがります。
なのでお家の中でも楽しく遊べる室内遊びをいろいろ模索中です。

今回は楽しく遊べて、知育にもよさげな小麦粉粘土をご紹介!
家にあるものでできるのでタダ!
しかも家の中が汚れずに済むし、テーブルの上だけで遊べるので滅茶苦茶に楽です。

スポンサーリンク

小麦粘土って何?

まあ名前でお察しなんですけど、小麦粉で作る粘土。
その名も小麦粘土です。笑

小麦粉で作るのでもし食べてしまっても安心。
小さい子がいる家庭でも大丈夫。
しかもいるものはほとんどの家庭にあるものなので、思いたったらすぐ作って遊べちゃいます。

※小麦アレルギーのお子様がいる家庭では触っただけでも症状がでる危険がありますのでお気を付けください。

よくアカチャンホンポみたいなベビー・キッズ用品を取り扱っているお店でも見かけます。
値段に幅はありますけど大体1000円くらいで買えます。
まあそんなに高いわけじゃないですし、お店で買うのも全然ありです。
市販のものだと楽ですし色んな色があるのでいいですよ。

 

まあ家で作ればほぼタダです!タダって魅力的ですよね…
作る手間さえ除けば手作り最強です。

ということで簡単に作れる小麦粘土の作り方を画像付きでお教えします。

小麦粘土の材料と作り方

  • 小麦粉(薄力粉):100g
  • 水 :40g
  • 塩 :ひとつまみ
  • 油 :大さじ1
  • 食用色素(食紅) :適量

材料はこれだけです。
ね!大体家にあるものじゃないですか?

塩はカビ防止のためなので、その日しか遊ばないなら不要です。
ということは実質材料3つでできちゃいます。

小麦粉100gですが、こども1人で遊ぶならこの量でも十分です。
もしもっと大量に作りたいという方は、ざっくりですが粉:水が3:1になる感じでやればうまくいきます。
あとは水を足しながら微調整ですね。

 

では作り方を…

①ボウルに小麦粉を計って入れます。

➁ボウルに塩と水を少しずつ加えて混ぜていきます。

③粉っ気が残っている段階で油も入れてひとかたまりになるまで混ぜます。
ある程度まとまってきたら手でこねた方が早いです。

 

④好きな大きさに分割して、食用色素を加えてよく練ります。
全体が同じ色になったら完成です!

今回は4等分にして4色作りました。
食用色素を入れる量で粘土の色は調整できます。
もちろん色がついてなくても遊べるので、もし家にないならわざわざ用意する必要はありません。
(絵具でも色付けは出来ますが、子どもが口に入れてしまった時のことを考えるとおすすめはしません。)

本当に材料を入れて混ぜるだけなので、10分もかかりません。
少し大きいお子様なら粘土から一緒に作っても楽しいかもしれません。
サラサラの小麦粉が粘土に変わっていくようすを楽しめますよ。

油とか入れてますが、手は全然べたつかないので気になりません。
入れすぎには注意してくださいね!

 

小麦粘土の保存方法

小麦粘土は小麦粉や油からできているので要は「食品」です。
なのでそのまま放置しておくとカビが生えてしまいます。
一応防腐剤の役割として塩が入っていますがずっとは無理です。

なので遊び終わったらジップロックなどの密閉できる袋や容器に入れましょう。
そして冷蔵庫で保管すれば1週間程度は遊べちゃいます。
もし塩を入れてない場合はその日限りで捨てましょう。

もちろんカビが生えていたり、変な匂いがしてきたらすぐに捨てるようにしてください。

 

雨や雪の日は小麦粘土で遊ぼう

作った粘土での遊び方は無限にあります。
子どもにおまかせして作っているのを見ていると、こどもの独創性に驚かされますよ。笑
我が家では「電車~」といってちぎった粘土をめちゃくちゃにくっつけていました。

 

  • 棒状にのばして長い短いの勉強
  • 丸をいっぱい作って数の勉強
  • 果物やキャラクターを作って楽しむ
  • いろんな色を混ぜてみて色の勉強

こんな感じで知育おもちゃにもなるんです。
遊びながら学べるってとても大事。

安心・安全・簡単・タダ・汚れない。
なんていいおもちゃなんだろうか、小麦粘土よ。

自分でつくったおもちゃで遊べるってとても楽しいです。
子どもにもいい経験になりますので、ぜひ作って遊んでみてください。 

この記事をシェアする

コメント

コメントはありません。

down コメントを残す




CAPTCHA


chama

chama

2歳の息子と0歳の娘っこ絶賛2人育児中!お出かけ*買い物大好き
関東在住のBUMP好きアラサーです。