いくろぐ

2歳と0歳の二児の母 *おでかけ、育児などの情報を日々更新中!*

妊娠中にディズニーは大丈夫?37週の臨月に行ってきた結果。

calendar

reload

妊娠中にディズニーは大丈夫?37週の臨月に行ってきた結果。

ディズニーランド,ディズニーシー,ミッキー,旅行,妊娠,臨月,出産,36週,37週,38週,39週,40週

ディズニー大好きchamaですが、実は私は臨月に遊びに行きました。

もちろん非難する方もいるかもしれませんが、最新の注意を払って行ってきました。
まあ何が起ころうと自分のせいですし、自己責任です。
自己責任といいつつも結局周りの人に迷惑はかけちゃうんですけどね…

と脅すわけではないですが、すべては自己責任です!(2回目)

 

今回は私が臨月にディズニーに行ってきた感想と注意点、おすすめの利用法を書いていきます。

スポンサーリンク

3人で遊びに行けるのは今が最後

 

行った理由は単純。思い出作りです。
そんなの産後に作ればいいじゃないっていう人もいますが、3人での思い出作りはこれが最後です。

私がディズニーに行ってきたのは臨月に入ってからの37週でした。
メンバーは夫と2歳の息子の3人で行ってきました。
お腹もだいぶ大きくなっていたので不安でしたが、赤ちゃんが生まれちゃうとそれこそしばらくどこにも行けなくなるので決心しました。

私自身も臨月にディズニーに行くと言ったら止められるのは分かり切っていたので、病院や親には内緒でいきました。笑

行くと決まってから決めたことが何個かありました。

  • 当日の体調次第で中止
  • 無理はしないで休みつつ遊ぶ
  • 閉園までいないで早めに帰る
  • 当日のスケジュールを決めていく(乗るアトラクションとか)
  • 念のためまっすぐ病院に行ける準備をしていく

特に最後のは遠方に行くので急に体調が悪くなった時のことを想定しました。
何も準備がないよりは心の余裕が違います。

ディズニーに行く時期

安定期に行くのが安全ですが、自分の体調次第ですね。
暑い日や寒い日は思ったより体力を使うので避けた方が無難です。
特にディズニーは海が近いので思ったより冷え込みます。

また土日よりも平日がおすすめです。
土日は人混みがすごいですし、待ち時間もかなり長いので妊婦さんには結構辛いです。
ちなみに私は10月の平日に行ってきました。
ハロウィーン時期でしたが、気候も丁度良くて待ち時間も最大1時間の程でしたので良かったです。

乗れるアトラクションと過ごし方

ベンチで休んだり、食べ歩きしたり、パレードを見たりととてもゆったり過ごしました。
今まではガツガツアトラクションに乗っていたので、こんな楽しみ方もいいかもなんて思ったり。

開園直後から行って、ファストパスをとりつつのんびりアトラクションを楽しむ。
その後夕ご飯をレストランで早めに済ませて19時前にはディズニーを後にしました。

妊娠中に乗れるアトラクションは限りがあるので、事前に調べて行った方がスムーズです。
乗れるアトラクションはディズニーのHPで見れますよ~

基本的にジェットコースターとかの激しい乗り物は乗れないです。当たり前か。

私は2歳のこどももいたので家族みんなで乗れるものにのんびり並んで乗りました。
(2歳の子どもが乗れるものと妊婦が乗れるものがほぼ一緒でした。)

おすすめはアトラクションとはまた違いますが、ミッキーなどのキャラクターと写真を撮れるキャラクターグリーティングがおすすめです。
お腹の大きい写真を記念に残せるのでいい思い出になりますよ。

持ち物

・保険証
・母子手帳
・ブランケット
・バスタオル
・ナプキン
・シート

この辺は最低限持って行った方が安心かな~という感じです。
何かあったときにないと困りますからね。

ディズニーは冷えるのでブランケットなどの防寒を持って行った方がいいです。
妊婦さんは体を冷やしちゃいけませんからね!

下の3つはもし突然破水したときのためです。
シートはパレードを見るときにも使えるのでおすすめです。
参考までにどうぞ。

 

ゲストアシスタントカードの利用

ディズニーには病気や怪我で何らかのお手伝いが必要な方に、負担を軽減するためのサポートがあります。
それがこのゲストアシスタントカードというものになります。
妊娠は病人ではないですが、実はこのゲストアシスタントカードを使うことが出来ます。
妊婦さんだけでなく同伴者も使えるのが嬉しいポイントですね!(数に制限あり)

どこでもらえるの?

・メインストリートハウス
・ゲストリレーション

本人と同伴の方全員のパークチケットがあれば手続きが出来ます。
来園日が決まっている人ならば1か月前から事前予約も出来るのでおすすめです。
私は念のため予約しましたが、電話で簡単に予約できましたよ。
発行の際結構並んだりして時間がかかるので、サクサクッと取っちゃいましょう。

使い方は簡単

ゲストアシスタントカードってなに?
なんのメリットがあるの?って方もいるかもしれませんが、このカードとてもすごいんです!

アトラクションの所にいるキャストの方にカードとパスポートを提示します。

するとなんと、待ち時間の間は列でなく違う場所で待てるようになるんです!
一時間とか立ちっぱだとお腹が張ってきたり、疲れちゃいますよね
このカードを使えばベンチなどに座って待ってられるので、そんな心配なしになります。

カードに受け付け時間+アトラクションの待ち時間の予定時刻を書いてもらえるので、その時間に行くとファストパスや専用の入り口からいれてもらえます。

但し!あくまでもアトラクションの待ち時減らすためのものではないので、その間に他のアトラクションに乗ったりはやめましょう。
悪用する方がいるとこの制度が使えなくなってしまうかもしれません。

当日の流れ

開園の8時ごろ着くようにディズニーへ。
入園したらすぐにメインストリートハウスでゲストアシスタントカードゲット。(10分くらい並んだ。)

一番にミートミッキーへ。
既に45分待ちだったのでアシスタントカードを使い待つ。
ミッキーと一緒に家族写真!
記念だからと有料のものも購入。

その後はアシスタンスカードやファストパスを使いつつ
・プーさんのハニーハント
・カリブの海賊
・スティッチ(シーのタートルトーク的なやつ)
・ホーンテッドマンション
・ジャングルクルーズ
・バズライトイヤー
・モンスターズインク
などの子どもも乗れるゆるい乗り物を楽しむ。

お昼ご飯はアトラクションの合間にパレード見ながら休憩。
ベンチで軽く頂く。(チキンやチュロス、ポップコーンなど)

トゥーンタウンの広場で息子を少し遊ばせる。

夕ご飯は早めの16時半ごろにレストランで。
息子の誕生日なのでホールケーキがあるハートの女王のレストランで。

軽くお土産をみつつ18時半ごろにはディズニーを後にしました。

休憩をはさみつつのゆるい感じでしたが、結構乗りたかったアトラクションには乗れた気がします。

妊婦が乗れるものと2歳の子どもが乗れるアトラクションがほぼ同じだったので良かったのかも。
残念ながら乗りたかったイッツアスモールワールドは改装中で乗れませんでした…

あまり遅くなると自分も子どもも疲れちゃうので夕飯は早めにして遅くならないうちに帰りました。
実際私たちが夕飯終わってでた18時前にはすでにレストランは行列ができていたので正解だったかも。

やっぱり事前にある程度予定を決めておくと、ゆとりができていいかもしれません。
とはいえ妊婦さんなので無理のない程度のスケジュールでね。

最後に

後からやっぱりあの時行けばよかったなんて後悔はしたくないですし、結果とても楽しいし良い思い出になったので良かったです。
でもよかった~って終われるのは何事もなかったからなんですよね。

ディズニーに行きたいという人を止める気はないですが、本当に気を付けてくださいね。
全ては自己責任です!!(3回目)

無理はせず楽しんで来てくださいね~!^^

 

この記事をシェアする

コメント

  • ディズニーリゾートのゲストアシスタンスカード(略:GAC)、私も理由があって毎回のように利用させて頂いています。最近ではそのカード、ブログなどを通じて広く知れ渡っているせいか、悪用や不正利用が増えているようですね。その結果、来年の(2019)年の1月からは、GACの発行の対象者と利用方法が、発行場所が大幅に変更になります。障害者手帳(勿論これが最優先)の有無によって、キャストさんの対応方法が異なるようです。当然それによって、本人(障害者手帳所有者)以外は、今までは同行者(原則3名まで)もGACを使っての待ち時間の間に、別の場所で待機出来ましたが、変更後は当然、本人以外はそれが出来なくなります。とても残念な話ですね。

    by 匿名希望 2018年12月1日 11:49 AM

    • 匿名希望様 コメントありがとうございます。
      悪用される方々によって、きちんとした理由で利用している方の利用が変更になるのは大変残念ですね。
      今後も本人は利用出来るということなので妊娠されている方が休めるのはまだ良かったです。(1人で待機も不安ですが。)

      この変更を機に悪用する方がいなくなるといいです。

      by chama 2018年12月9日 7:09 AM

down コメントを残す




CAPTCHA


chama

chama

2歳の息子と0歳の娘の2人育児中!趣味は旅行*買い物
関東在住のBUMP好きアラサーです。